スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バージョン違いとか

Visual Pinballでは海賊版など様々なromバージョンもサポートしているものもあるので、そちらも紹介しておきます。

Funhouse L9.05H (home version)

このバージョンではルディがまばたきする機能がついたり、トラップドアの動きが賢くなったり細かい機能が追加されてるみたいですね。
詳しくはAction Pinballというサイトに書いてあるようです。

変更方法

VP9のJPSalasバージョンでは
対応するromをromフォルダに入れて
スクリプトの44行目の
Const cGameName = "fh_l9"

Const cGameName = "fh_905h"
に変更してください。

テストモードに入って好きな機能をONにしてください。

Medieval Madness 1.09C profanity

普通のアメリカ人ならば1日に100回程度は四文字言葉を叫ぶものですが、普通のMedieval Madnessではそういった言葉はピーという音でかき消されるようになっています。
しかし、このromバージョンではそういったピーという音を無くして、自由の国をつらぬくことができるようにしたようです。
また、細かいバグ修正もあるようです。詳しくはAction Pinballというサイトに書いてあるようです。

MegapinバージョンのMedieval Madnessはこちらのromを使ってるみたいです。

テストモードでFamily Modeのオンとオフを切り替えてください。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。