スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sorcerer

1985年のWilliamsの作品です。

1900.jpg

魔法使いがテーマです。当然のように魔女っ子ではなく老人です。内容は古い台ですからシンプルで特にルールを意識しなくても遊べるのが良いところでしょうね。それでもやはり念には念を入れてSorcererのルールを解説します。

[Sorcerer]

一度でもSorcerer(魔術師)に挑戦してみれば、その力は見過ごせないほどに強大なものだとわかるだろう。
このプレイフィールドは魔術師そのものを実体化したものであり、魔術師の瞳からは逃れられない。
(実機には目が赤く光るフィーチャーがあります。)
何かが起こるたびにその瞳は輝きを増し、彼の言葉には魅了されるだろう。
このSorcerer(魔術師)はもはやひとつの生命体であるといっても過言では無い!

[Multi-Ball Magic]

1901.jpg

左ランプにボールを通せばLOCKします。2度目に左ランプにボールを通すと2ボールマルチボールが開始されます。

マルチボール中は得点が2倍になります。
また、マルチボール中に左ランプに通すごとに3倍、5倍まで増えていきます。

[Casting A "Spell"]

左スピナーレーンスポットターゲット6つ右スピナーレーンSORCERERのスペルを完成させてください。
SORCERERが完成するとドロップターゲットにDEMONが点灯します。また、スピナーも点灯し得点が上昇します。

DEMON点灯時はドロップターゲットで獲得、DEMONはボーナス倍率を次のボールに継承します。

SORCERERを2度目に完成するとエクストラボールが点灯します。ドロップターゲットで獲得します。

SORCERERを3度目に完成するとアウトレーンにSPECIALが点灯します。4度目にはプレイフィールドにSPECIAL点灯、5度目にはSPECIAL獲得です。

また、ドロップターゲットは時間制で、完成するごとに得点を獲得します。得点は上から10k(白)、20k(緑)、50k(赤)のうち、最初に当てたときに点灯していたものになります。
その他にドロップターゲットを完成すると、インレーンの片方も点灯して得点が上がります。

[Bonus X]

ABCDロールオーバーレーンで2X、4X、6X、8Xとボーナス倍率が上昇します。



この台はPinball Hall of Fame : The Williams CollectionのPSP版にも収録されています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。